電話占い紫苑の代表霊能者

 2002 l 2003 l 2005 l 2006 l 2007 l 2008 l 2009 l 2011 l 2013 l 2014 l 2015 
 2016 

2013年のひとりごと

 

2013年を振り返って・・・

みなさん、こんにちは。そしてお久し振りです、天紫苑です。
あの3.11の傷も未だに癒えない状況なのに、今年は酷暑とも言える暑さだったり、大きな水害をもたらす台風が連続で直撃したり、日本列島は本当に何度も何度も自然災害に見舞われた一年だったと思います。そんな中でも一日は確実に過ぎて行き、どう足掻いたところで時間を止める手立てはありません。その日をどう生きるか、どう過ごして何をするか。それはみなさん一人一人、気の持ち様に掛かっていると言えましょうか。
さて、私自身の2013年はどうだったかと申しますと、相変わらず海外に修行に出たり、日本国内の霊山を回ってきたり、例年にも増してアクティブに動き回っておりました。なにより今年は伊勢神宮と出雲大社という、日本の神様が宿る2ヶ所の大きなお社で、遷宮の儀式が行われた貴重な年でもありました。両お社の参拝については、また別途機会を設けてお伝えすることが出来るやもしれませんね。また、紫苑の他の先生方に比べると僅かな時間ではありますが、鑑定に待機しての電話占いも行いました。初めての方もいらっしゃいましたし、なんと8年振りにお電話いただいた方もいらっしゃいまして、電話占いで鑑定を行うことで、私自身も貴重な時間を実際に持たせていただいた気がしております。ただし、ひとつお詫びをしておかねばならないのですが、この天紫苑をご指名いただきながらも、なかなか時間が合わずに鑑定を行えないみなさま、真に申し訳なく思っております。常々、自分がもう一人いればと何度思ったことでしょうか。


結婚したい女性たち

さてそのように待機して電話占いを実際に行い、みなさまからの相談で感じたことがあります。それは“結婚”を強く意識されている女性が多かったことです。今お付き合いしている恋人と結婚したい、彼氏はいないけど良い人に出逢ったらお付き合いの期間は短くても良いからすぐに結婚したい、友達以上恋人未満の距離の親しい仲間と結婚することは可能ですか、などなど。男女平等でしたり晩婚化でしたり、あるいは女性の独立が叫ばれてはおりますが、やはり意識の中には“結婚”の2文字が根付いているようです。3.11の震災直後、リアルな生と死を目にしたことで、男女共に結婚願望が高まったという話は聞きました。特に女性の方が、その考えが顕著だったと聞いております。これは女性の本能と言いますか、魂に刻まれている“子孫を残さなければならない”という、生まれながらに背負っている因縁とも言えるものがそういう気持ちにさせているのです。ですから電話占い紫苑へも、3.11以降も途切れることなく結婚成就の相談が後を絶たないのだと言えます。


運命の相手と出逢うために、“霊能者が”出来ること

私たちのような霊能者、中でも前世の因縁を透視したり、未来を予知したり出来る霊能者に相談したなら、即座にご相談者様の前世から縁が続いている運命の相手の存在を知ることが可能です。今世のどこへその相手が転生して、どんな生活環境に身を置いているのか、今世ではどんな運命を背負っているのかなどがわかります。
その前にひとつ、お話ししておかねばなりません。実は前世で縁があったからと言って、今世でお二人が自然な出逢いから結ばれるとは限りません。たとえば、今世はお二人にとって魂の成長期間に当たるのかもしれません。その場合は仮にお二人が出逢っても、恋愛成就とはならず、たとえば親しい友人、会社の同僚、兄妹といった一定の距離が縮まらない状態で人生は過ぎて行きます。つまり今世ではお互い別の異性と結ばれるか、あるいは誰とも結ばれないかといった可能性もありということです。
さて、話を戻しましょう。私たち霊能者は、上記のようにお相手の詳細を知る以外に、もちろん縁を結ぶことができます。今世は仮に成長の転生であったとしても、運命を変えることが霊能者にはできます。お互いの守護霊と交信をし、ご相談者様の意思の強さを伝え、それを理解してもらうのです。“運命を変える縁結び”は、私自身も鑑定の中で割と一般的に行っていることなので、みなさんは運命の相手との縁を決してあきらめてはいけません。恋人になりたい、すぐに結婚したい、その願いを叶えることができます。


運命の相手と出逢うために、“貴女が”出来ること

私たち霊能者に縁結び祈願を依頼するのも手ですが、日頃からご自身でも運命や出逢いの運気を変える心構えと申しましょうか、訓練による魂の浄化方法を体得しておくと良いでしょう。少し前に流行った言葉で申せばアセンションですが、魂の浄化自体は難しい作業ではなく、高次元霊界とつながっているような感覚を持って行う瞑想の延長線上と考えて差し支えありません。
さて、行うのは一日の内で最もリラックスできる時間、寝る前が良いでしょう。そのときには外部からの刺激を一切避け、心の中を空っぽに出来る状態になりましょう。お気に入りのアロマキャンドルですとか、お香を焚くのも良いでしょう。軽く自己催眠の状態に誘導できれば、どんな道具に頼っても構いません。心の中、頭の中を空っぽにしたら、恋人がいてその人と結婚したいならその人を、運命を感じる相手とまだ出逢っていない人は、理想像を思い浮かべましょう。その人と手と手を取り合い、明るい光の方向へ歩いて行く姿をイメージしてください。具体性は無くて良いのです。ただ光に向かう、このイメージを思い描きましょう。
なにも根を詰めて行う必要はないですよ。毎日行う必要もありません。そのときを集中すれば、やがてお二人のつながりはイメージを超えて具現化され、未来の出逢いや結婚へとつながっていくのです。


2009年の天紫苑のひとりごとでは、出逢いの運気を高める方法について述べましたが、もっと具体的に“結婚”を叶えるための方法を今回は述べさせていただきました。もちろん、私たち霊能者はみなさまのお悩みを突き返し、自分自身で瞑想だけしてくださいとは申しません。縁結びの祈願、出逢い運のアップなど、霊能力を使って行います。ですが日常でも運気を高める、結婚のために魂を浄化するということができるのだと知っておいてください。詳細やお聞きしたいことがございましたら、天紫苑までお電話をお待ちしております。

▲このページのTOPへ